脱毛エステと契約を交わす前に

脱毛エステで定期的に行われている各種キャンペーン、これをうまく使うと相当お財布にやさしい脱毛が期待できます。ですが、キャンペーン目当てにお店を訪れ、そのままずるずる契約してしまうようなことになると後で悩むことになるかもしれません。脱毛エステと契約を交わす前に、契約の内容をちゃんと把握し、念入りに考えるようにしましょう。安い料金や納得いくまで施術を受けられるというような都合の良い点ばかり見ていると、あまりいい結果をもたらさないかもしれません。毛が太く長く、密集しているような人の場合、脱毛エステを利用しても脱毛を完了させるまで、つまり満足できる状態に仕上げるまでに長い時間を費やすことになるようです。毛深くない人が脱毛完了まで12回ほど施術を受けるだけで済ませてしまえるとすると毛深い人は16〜18回、さらにもっと回数が必要になる可能性もあります。時間をあまりかけたくない人は、脱毛クリニックの方が脱毛を短期間で終わらせることができるようです。とはいえ、脱毛クリニックで施術に使う機器は効果が高くパワーもそれなりに大きいので、施術時の痛みが少々強くなる傾向があります。
脱毛エステとの契約を行った日から数えて合計8日を超えていなければ、クーリングオフ制度を利用することができます。しかし、これには例外があり、契約期間が1ヶ月よりも短い期間であったり、料金が5万円を超えない場合にはクーリングオフのご利用が不可となってしまいます。もし8日を超えてしまった場合は、適用制度が中途解約に切り替わりますので早いうちに手続きされることをおすすめします。施術に使用される機器ですが、脱毛エステのお店で使われている機器は、通販などでも簡単に手に入る家庭用脱毛器と比べるとかなり強い光をあてることできるのです。また、光をあてる範囲が広いため、より短時間で処理を終わらせることができるというわけです。ですが、いわゆる医療系の脱毛クリニックで使われている機器と比べると出力パワーが小さいため、永久脱毛はできないというわけです。
その代わりと言いますか、痛みについては相当楽に感じられるようで、肌が受けるダメージも小さくなるという利点があるのです。
脱毛サロン側の判断でお客様の体のコンディションによっては施術を行わない可能性もあります。
生理中はお肌が敏感な時期でして、肌に関する問題がでてきてしまいます。生理などの日でも施術ができる店もございます。ですが、アフターケアという、肌トラブル防止のための対策をしっかりケアしましょう。
当たり前のことですが、デリケートゾーンの施術はお断りされるでしょう。
【シースリー 池袋東口店】全身脱毛で再契約なんてまっぴら御免!

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ