インプラント治療を検討している方

インプラント治療を検討している方、大事なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。
インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医がどのような技量を持っているかで相当な差があると考えるべきでしょう。
インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だということを理解してください。
とにかく入念に、歯科医選びをすることがインプラント治療の結果を左右するのです。
虫歯の危険性は、インプラントにはありませんが治療後はほっておいていいと考えてはいけません。小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。
残存している歯と同様に歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。
そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。
代表的なインプラント適用のケースは、他の歯に影響を及ぼしたくないという場合があります。例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、これが、インプラントの埋入なら失った歯を直接再生する治療と言えます。
他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという事情のケースなら、インプラント治療を優先して良いでしょう。
皆さんがインプラント治療に取りかかる前、治療費の高さは重要な問題ですね。
ちょっと調べればわかりますが、治療費は歯科医院それぞれで大きく異なります。
インプラント治療はほとんど自由診療のため、金額は歯科医院次第です。
ただし、おおよそ相場は決まっています。
インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが一般的な相場とみて良いでしょう。
インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることは本当に少ないという点です。
見た目からしても、自分の歯のようにとってつけた感じにならず、他の人に自分から言う必要もないのでこれは義歯だと思われることもほとんどありません。前歯など、自然に見せたい歯の場合は優先したい治療方法ですね。インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、金属の中では、骨との親和性が高い方で身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を一通り行い、治療方針を決めてから治療を始めるのが普通ですから納得した上で治療を始められます。それから、治療後には、メンテナンスを継続することによって安全性や快適性は長期にわたって確保されます。耐久性の面で、インプラントはどうかというと、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、治療後のメンテナンス次第で本来の歯同様の耐久性を得られるとされています。
そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期間の使用も問題ありませんが、ケアが十分でなければ維持できなくなる異常も起こりうると思ってください。
失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。
義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再度、大がかりな手術を行ってはじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。
また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。インプラント治療はどのような流れかというと、3ステップあると考えてください。
一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。
という段階を踏みます。
人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。ですから、インプラント治療全体ではおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。
インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのよくあるケースのインプラント治療でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。
いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが重要事項の一つになります。
感染症対策について、具体的な取り組みをウェブサイトの中で説明している歯科医院もごく普通になっているので、真っ先に見ておきたいところです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ