治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、

治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、麻酔のために入院することはまずありません。血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は安全を期すため、入院を求められることもあります。
そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院することや、複数の病院で手術することもあります。これらのケース、その他の困難なケースであれば治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。
歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はかなりの痛さを想像してしまうでしょう。どこの歯科医の手術でも、強い痛みを感じることはないと思ってください。切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術に取りかかるためです。麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛みを感じることもあります。
頓服の痛み止めが処方されるため我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。
人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材でできているからです。
インプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費を覚悟しましょう。
ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと不安なく進めていけるでしょう。
義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので当然、その度に費用を支払います。
多くの場合、三ヶ月に一回くらいで歯科医に診てもらうことになります。
この定期検診に必要なお金は保険がきく治療がほとんどなので、たいていは三千円程度に収まります。
標準的には、一年に1万円から2万円程度の維持費を見込んでおいてください。
現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなく失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。
けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであれば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療可能になっています。通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探して、問い合わせてみましょう。
欠損した歯の数が少ない場合、インプラントの医療費控除とブリッジで迷うことがあります。インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。
ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。
見た目の問題を考えるとほとんどの場合、インプラントが優っていると考えられます。
先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないというのが痛いところです。インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなのでほとんどの患者さんは、手術後、違和感を感じるといわれています。
腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにここはぐっと我慢してください。
しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。
大至急歯科医にかかってください。インプラントの医療費控除治療を始める前にチェックすることとして、あごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。
特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にそちらの病気を完全に治す問題が生じます。
それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もインプラント治療のリスクが増大します。
もちろん、こうした既往症があるだけで絶対治療できないとは言えません。
不安がなくなるよう歯科医に相談してください。どんな完璧なインプラント治療でも、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。日々のケアが欠かせません。
毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールに注意を払い、さらにインプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが、インプラント維持のために必要です。どんな堅牢なインプラントでも、日頃のケア次第でいずれ歯周炎などを引き起こすことになります。
厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、しかし、医療費控除の対象ではあります。確定申告の一項目として、医療費控除は治療費を収入から引くことができます。確定申告を行うときには、歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が医療費の支払い証明になるのでもらったものはしっかり取っておいて保管しておくことをすすめます。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ