現在、インプラントの人工歯根はチタン

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。
金属の中では、骨との親和性が高い方で金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査などいろいろな検査を実施し、その結果を見て本格的な治療がスタートするので安心して治療を受けることができます。また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。
インプラント治療には隠れたメリットがあります。
仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはたぶんないでしょう。
根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように自然な感じを保てるので自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればもしかしたら義歯かと思われる心配もいちいち考えなくて良くなります。
義歯だと思われたくない方には優先したい治療方法ですね。
他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。
最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医の腕次第で決定的な違いが出てくると考えられます。インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法なのは明らかで、手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることが治療全体の大きな部分を占めます。
ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けてのごく一般的なインプラント治療でも、どうしても院内感染のリスクは伴います。
その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが治療の成否に関わる問題です。感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてきちんとホームページに載せている歯科医院も確実に増加していますので、そこで調べるのも良いでしょう。
歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、失った歯だけの治療で済ませたいと、患者が考えている場合です。
ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これが、インプラントの埋入なら周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという事情のケースなら、インプラント治療を優先して良いでしょう。
言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、メンテナンスは自分の歯より楽と思ったら大間違いです。
義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病を引き起こすこともあるのです。
残存している歯と同様に歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、セルフケアは欠かさないようにしましょう。異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。一口にインプラント治療といっても、大きな3つの関門があります。最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、という段階を踏みます。
この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、もちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。
このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。
失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。
他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、あごの骨にインプラントを定着させるので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を大きく削り直すことになります。
インプラントの埋入も、骨を削るので埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。
これからインプラント治療を始めようと決めても、治療にかかる費用は気がかりでしょう。
実は、かかる費用は地域や、歯科医によってずいぶん違っています。
なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、金額は歯科医院次第です。
大まかな相場はありますので、心配しないでください。欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が相場です。皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は自分の歯と同じくらい保たせることが可能とされています。
ということは、日頃のケアを欠かさなければ長い間自分の歯と同じように使えますが、セルフケアの手を緩めるとすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうと思ってください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ