チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント

チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーも起こりにくいとされています。
インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査などいろいろな検査を実施し、その結果を見て治療に取りかかるため安全性を確認しながら治療を受けられます。
そして、治療終了後のメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることはたぶんないでしょう。一見したところ、自分の歯と同じくらいかなり自然にうつり、インプラントだとカミングアウトしなければもしかしたら義歯かと思われる心配もいちいち考えなくて良くなります。自然な見た目を重視している場合、この治療が一番ふさわしいでしょう。これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。
ちょっと調べればわかりますが、治療費は地域や、歯科医によって大きく異なります。
何しろ、ほとんどが自由診療なので、金額は歯科医院次第です。
ただし、おおよそ相場は決まっています。
インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが一般的です。
インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なりあごの骨にインプラントを定着させるのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントの定着がみられなかった場合、普通は再手術しか手段はなく、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。
インプラントの埋入も、骨を削るので手術時に神経を損傷する危険を伴います。
ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行う普通のインプラント治療の中でも、院内感染の心配はあるものです。
その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、治療の成否に関わる問題です。
感染症対策について、具体的な取り組みをホームページ上で公開している歯科医院も当然のようになっているので、まずはそこを見てください。虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがメンテナンスは自分の歯より楽とは誰も言っていません。
特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。
自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。
自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医や衛生士の指導に従って、セルフケアは欠かさないようにしましょう。
そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。
インプラント治療を希望する代表例として、他の歯に影響を及ぼしたくないと、患者が考えている場合です。
例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。
インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯だけを根元から再生する治療になります。両隣の歯は健常なので、削りたくないという要望がある場合、インプラント治療を優先して良いでしょう。
耐久性の面で、インプラントはどうかというと、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、定期的なメンテナンスが行われていれば自分の歯と同じくらい保つというのが一般的な説です。
とすれば、普段のメンテナンス次第で長い間自分の歯と同じように使えますが、ひとたびケアを怠ればすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうという押さえが必要です。一般的なインプラント治療は、段階が大きく3つに分かれます。
最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。
あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというのが大まかなプロセスです。この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。
義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。
インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で全ては歯科医の裁量にかかっておりかなり治療実績には差があると考えられます。この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だということを理解してください。
歯科医選びに全力を尽くすことがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ