どんな治療でもそうですが、インプラ

どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。
独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医がどのような技量を持っているかで大きく違ってくると言うべきです。この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だということを理解してください。
手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがインプラント治療の結果を左右するのです。
一口にインプラント治療といっても、3つの段階に分けられます。
一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。というのが大まかなプロセスです。
長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。
義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてからおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。インプラント治療には隠れたメリットがあります。
仮歯を入れてから、義歯だといわれることはまずありません。一見したところ、自分の歯と同じくらい義歯に見えない自然さで他の人に自分から言う必要もないのでもしかしたら義歯かと思われる心配も気にする必要はありません。
前歯など、自然に見せたい歯の場合は優先したい治療方法ですね。費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。実際のところ歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというのが一般的な説です。
ということは、日頃のケアを欠かさなければかなり長い間保たせることができますが、ケアが十分でなければインプラントの維持が難しくなってしまうと思ってください。
インプラント治療が適用されるケースとして、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないなどの要望があるケースです。例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯を直接再生する治療と言えます。
他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があると要望があるケースでは歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。
今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。
骨と一体化して安定した歯根となりやすく身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査などいろいろな検査を実施し、その結果を見て本格的な治療がスタートするので納得した上で治療を始められます。
そして、治療終了後のメンテナンスを定期的に行っていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。
失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再手術を迫られ、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。
インプラントの埋入も、骨を削るので手術時に神経を損傷する危険を伴います。
全てのインプラント患者にとって、治療にかかる費用は気がかりでしょう。
実際のところ、費用の総額は歯科医院それぞれでずいぶん違っています。
この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため金額は歯科医院次第です。それでも、相場はあると言えます。
欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が相場です。
虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがメンテナンスをしなくて良いと考えてはいけません。特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。残存している歯と同様に歯科医や衛生士の指導に従って、セルフケアは欠かさないようにしましょう。異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うよくあるケースのインプラント治療でも、どうしても院内感染のリスクは伴います。治療を受ける歯科医院を選ぶときは、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが命に関わる大事な問題です。
感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ上で具体的に示している歯科医院もどんどん増えているので、真っ先に見ておきたいところです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ