一口にインプラント治療といっても、大きな

一口にインプラント治療といっても、大きな3つの関門があります。第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、という段階を踏みます。
時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまででもちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、現状では確実な説はありません。
定期的なメンテナンスが行われていれば本物の歯に匹敵する耐久性があるとされています。そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期間の使用も問題ありませんが、セルフケアの手を緩めるとすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうということを肝に銘じておくべきです。忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯を入れた後、義歯だとわかることは本当に少ないという点です。
あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も義歯に見えない自然さで他の人に自分から言う必要もないのでこれは義歯だと思われることもほとんどありません。
義歯だと思われたくない方にはおすすめしたい治療法です。
ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染が起きないと言えません。いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが治療の成否に関わる問題です。院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてウェブサイトの中で説明している歯科医院も当たり前のようになっていますから、まずはそこを見てください。
代表的なインプラント適用のケースは、周辺の歯に関係なく治療したいという場合があります。
ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。
両隣の歯は健常なので、削りたくないと要望があるケースでは歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療にかかる費用は気がかりでしょう。
この治療の費用は歯科医院ごとに相当な開きがあります。
保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用を自由に設定できるのです。
ただし、おおよそ相場は決まっています。インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが一般的です。
インプラント治療を検討している方、大事なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医がどのような技量を持っているかで決定的な違いが出てくると考えられます。
この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法なのは明らかで、とにかく入念に、歯科医選びをすることが治療の成否を決めるのです。
歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗してもやり直しできないことが多い点です。
自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨の中にインプラントが埋まらなければ再度、大がかりな手術を行っていったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。
インプラントの埋入も、骨を削るので埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。
インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってお手入れを必要としないということにはなりません。インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。
残っている自分の歯と同じく、歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守って毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。
その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。骨との親和性が高くアレルギーの発症例も少なくなっています。治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった検査を一通り行い、治療方針を決めてから本格的に治療をすすめていくので納得した上で治療を始められます。
また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを欠かさず継続することで安全性や快適性は長期にわたって確保されます。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ