人工歯根を骨に埋め込むといっても

人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。
チタンの他、セラミック、金といったアレルギーをきわめて起こしにくい素材でできているからです。インプラントの医療費控除治療は基本的に保険外治療で全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。
ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが不安や誤解がないでしょう。手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても定期的に歯科医に診てもらう必要があるため維持費がかかることを知っておきましょう。
普通は、三ヶ月に一回のペースで歯科医に診てもらうことになります。
メンテナンスを受けるごとに支払う料金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず三千円くらいかかります。
従って、年間1、2万円くらいの維持費を見込んでおいてください。歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえば術中の痛みが怖いと思います。どこの歯科医の手術でも、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。
局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術に取りかかるためです。
麻酔が切れれば、処置の仕方によってだんだん痛くなってくることもありますが、痛みに備えて、頓服薬を処方されるので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。
インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根(インプラントの医療費控除体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。
ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。口を開けたところを見ればインプラントとブリッジを比較して、インプラントの医療費控除の方が高い評価を得るでしょう。
さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという辛い面があります。
がんばって終わらせたインプラント治療も、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、不断のケアが求められます。
毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールは欠かせませんし、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことを続けなければなりません。
人工物のインプラントでも、普段のケアができなくなると歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。
例外はありますが、インプラントの医療費控除治療は保険適用になることはまずありません。
全額自己負担が普通ですが、ただし、問題なく医療費控除を受けられます。医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして医療費を収入から引くサービスを受けられます。医療費控除を受けようとすれば歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が医療費の支払い証明になるのでなくしたら再発行はできないと考え、暦年単位で、大事に保管しておきましょう。
理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラントの医療費控除治療を受けられるとは限らず、レントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。
しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「あごの骨の幅が足りない」ということならばまだあきらめなくて良いかもしれません。
歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも相当数が治療できるようになってきました。
通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を調べ、 相談してください。
人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。
埋入手術後はどの患者さんも多少の違和感があるといいます。腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようここはぐっと我慢してください。
ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因を探り、対応していかなくてはなりません。
こうなれば我慢は必要ありません。
すぐに診療を受けましょう。
インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。
とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前に既往症を完全に治しておく問題が生じます。美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも治療にかなりの危険が伴います。こうした病歴があっても、直ちに治療不可と決めつけることはできないのできちんと歯科医に相談することが大事です。
普通、インプラントの医療費控除埋入手術は日帰りです。
部分麻酔を使うため、全身麻酔になることはほとんどありません。
血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。
あるいは、インプラントの医療費控除の土台になるだけの厚みを持った骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院することや、複数の病院で手術することもあります。もし、自分が該当すると思われるなら治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ