インプラント治療を考えている方に

インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることはめったにありません。
見た目からしても、自分の歯のようにかなり自然にうつり、これは義歯だと自分から言わない限り、これは義歯だと思われることも考えなくて良いのです。
前歯など、自然に見せたい歯の場合は優先したい治療方法ですね。全てのインプラント患者にとって、治療費の高さは重要な問題ですね。
現実には、治療費といっても歯科医院ごとに相当な開きがあります。何しろ、ほとんどが自由診療なので、金額は歯科医院次第です。
ただし、おおよそ相場は決まっています。
歯一本分のインプラントで、40万円前後が相場だと押さえておきましょう。
様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで全て歯科医の腕に任されているので相当な差があると考えるべきでしょう。
インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法なのは明らかで、歯科医選びに全力を尽くすことがインプラント治療の結果を左右するのです。ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行う普通のインプラント治療の中でも、院内感染の可能性は否定できません。
ですから、歯科医院を決めるときに院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが治療の成否に関わる問題です。感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてきちんとホームページに載せている歯科医院もどんどん増えているので、あれば必ず見ておきましょう。
言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、お手入れを必要としないということにはなりません。
小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病を引き起こすこともあるのです。インプラント以外の自分の歯と同じように歯科医や衛生士の指導に従って、まずは口腔内をきれいに保ってください。異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。
骨との親和性が高く材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて治療を始めるのが普通ですから患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。治療が終わったところで、重要なメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、より快適に、長期間使えるようになるのです。
インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、3つのハードルを越えなければなりません。最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、もちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。ですから、インプラント治療全体では全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。
自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なりあごの骨にインプラントを定着させるので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、インプラントの定着がみられなかった場合、同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。
それに、埋入手術の際には埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。インプラントはどのくらい保つのか、まだ定説になっていませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自分の歯と同じくらい保たせることが可能とされています。そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期にわたって維持できますが、日頃のケアが行き届かないとインプラントの維持が難しくなってしまうということを肝に銘じておくべきです。歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、失った歯だけの治療で済ませたいという場合があります。ブリッジ治療で考えると、義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。
インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので該当する歯の分だけ治療することになります。他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという要望がある場合、やはりインプラント適用が一番でしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ