皆さんが気にしているインプラントの耐

皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、現状では確実な説はありません。歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自分の歯と同じくらい保たせることが可能というのが一般的な説です。
とすれば、普段のメンテナンス次第でかなり長い間保たせることができますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければ維持できなくなる異常も起こりうるということを忘れてはいけません。
インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医がどのような技量を持っているかで差は大きいと断言できます。
インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法とされています。
とにかく入念に、歯科医選びをすることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。
金属の中では、骨との親和性が高い方で金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。
インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の十分な検査を行い、結果を検討した上で本格的な治療がスタートするので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。そして、治療終了後のメンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全性や快適性は長期にわたって確保されます。全てのインプラント患者にとって、治療費の高さは重要な問題ですね。ちょっと調べればわかりますが、治療費は歯科医院それぞれで大きく異なります。
この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用設定は歯科医院に完全に任されています。それでも、相場はあると言えます。インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが一般的です。
インプラント治療はどのような流れかというと、3ステップあると考えてください。
一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、という段階を踏みます。
人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。
仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始からおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けての普通のインプラント治療の中でも、院内感染が起きないと言えません。いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが治療の成否に関わる問題です。感染症対策について、具体的な取り組みをホームページ内で述べている歯科医院もどんどん増えているので、まずはそこを見てください。
他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。
自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントの定着がみられなかった場合、同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。
代表的なインプラント適用のケースは、他の歯に影響を及ぼしたくないなどの要望があるケースです。ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。
インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯だけを根元から再生する治療になります。
他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があると要望があるケースではやはりインプラント適用が一番でしょう。インプラント治療には隠れたメリットがあります。
仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはまずありません。
見た目からしても、自分の歯のようにかなり自然にうつり、インプラントだとカミングアウトしなければこれは義歯だと思われることも考えなくて良いのです。義歯だと思われたくない方には最適な治療と言えます。インプラントは決して虫歯になりませんが、メンテナンスをしなくて良いとは言えません。傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病を引き起こすこともあるのです。
残存している歯と同様に歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、完璧なセルフケアを目指してください。
異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ