一般的なインプラント治療は、大きな3つの関門

一般的なインプラント治療は、大きな3つの関門があります。
一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。
それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、という流れは皆さん変わりません。
この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。ですから、インプラント治療全体では最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医の技量は厳しく問われるのでかなり治療実績には差があると考えられます。インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法とされています。
できる限りよく調べて、歯科医を決めることが治療の成否を決めるのです。
全てのインプラント患者にとって、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。
実際のところ、費用の総額は歯科医院ごとに差があると考えるべきです。何しろ、ほとんどが自由診療なので、金額は歯科医院次第です。それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。歯一本分のインプラントで、40万円前後が相場だと押さえておきましょう。インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うごく一般的なインプラント治療でも、院内感染の心配はあるものです。治療を受ける歯科医院を選ぶときは、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが大事だと心得てください。感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてウェブサイトの中で説明している歯科医院もどんどん増えているので、そこで調べるのも良いでしょう。
インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで本格的な治療がスタートするので納得した上で治療を始められます。それから、治療後には、メンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。
これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることはめったにありません。根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じようにとってつけた感じにならず、インプラントだとカミングアウトしなければいかにも義歯だと思われることはまずないと思って良いでしょう。前歯など、自然に見せたい歯の場合はおすすめしたい治療法です。
高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自分の歯と同じくらい保たせることが可能とされています。要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期間の使用も問題ありませんが、ケアが十分でなければすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうという押さえが必要です。
インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。
他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、インプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントが定着しなければ同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を大きく削り直すことになります。
インプラントの埋入も、骨を削るので埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。虫歯の危険性は、インプラントにはありませんが治療後はほっておいていいとは誰も言っていません。義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。
残存している歯と同様に必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。これはインプラント治療が最適、とされるのは他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないなどの要望があるケースです。ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯を直接再生する治療と言えます。両隣の歯は健常なので、削りたくないと考えている患者さんには、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ