入れ歯の装着に違和感があるという

入れ歯の装着に違和感があるという方、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にインプラントは最適です。あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、人工歯をつけるため、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、周囲にもそれと気づかれにくく、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。
あくまでも見た目、もしくは使った感じを追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の負担が重くのしかかる方もずいぶん見受けます。
しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、いわゆるデンタルローンのような信販会社のローンで支払いができる便利な歯科医院も多くなってきました。
手持ちの資金が十分でなくても、インプラント治療の開始は実現できるようになりました。
歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、歯根部が残っているかどうかの違いです。虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部が健全であれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウン治療が可能になります。これに対し、抜歯した後は、もし、入れ歯を採用しない場合、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するというインプラント治療が候補となります。
皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、何といっても費用の問題でしょう。
おおむね保険適用外で、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、インプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによってかなり費用が違うことも確かで、歯科医院が技術料をどう見るかで費用が異なることはもちろんです。
治療が終わっても、ずっと定期検診があるという点にも注意が必要です。
インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯の危険性は全くありませんが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。
インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスはずっと続きます。
ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。放置すると炎症が広がるので即刻診断を受ける必要があります。
手術して人工歯根を埋め込んだ後、自分の歯がうずく反応もよくあります。これは、人工物を埋め込んで他の歯の神経も刺激されて反応したためで、時間が経つにつれておさまってくるケースが自然な流れです。
ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、特に手術後は、異変を感じたら放っておかずに歯科医にみせることを忘れないでください。
インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響はかなり大きいというべきでしょう。
インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療の成否を分けます。
組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは相当の妨げになります。
インプラント治療の成功を願うなら、最低でも手術から治療終了までの間、しっかり禁煙するべきでしょう。
手術によってインプラントを埋め込んだ後は痛みが落ち着くまでは、安静に生活を送ってください。
日常生活には極端な制限はありませんが、日常生活以上の負荷がかかる運動は当分控えてください。
傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。
運動を習慣にしている方の場合は運動をいつ再開すべきか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。
全てのインプラント治療にとって大事なのが歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。
この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるため様々な症例を診てきた豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。
それにとどまらず、必要な費用についてきちんと話してくれる、感染症予防策をはっきり示している、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも歯科医を決めるためには重要なことです。
本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医に頼るしかなければ、海外に渡ってでも治療を受けることも十分あり得ます。そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。インプラント治療で、失った歯を取り戻すためにはそう簡単に断念せず、可能な限りの情報を集めることが夢をかなえるためには大事です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ