ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみ

ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行う普通のインプラント治療の中でも、どうしても院内感染のリスクは伴います。
治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、重要事項の一つになります。
院内感染防止の対策をきちんとホームページに載せている歯科医院も当たり前のようになっていますから、真っ先に見ておきたいところです。
インプラント治療はどのような流れかというと、段階が大きく3つに分かれます。最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。
あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。
歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。
という流れは皆さん変わりません。この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、もちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。
ですから、インプラント治療全体ではおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはめったにありません。
見た目からしても、自分の歯のように自然な印象を与えるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、もしかしたら義歯かと思われる心配もいちいち考えなくて良くなります。
費用や期間より、見た目重視の方にとってこの治療方法を選ぶべきでしょう。
人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんが治療後はほっておいていいと考えてはいけません。傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。
インプラント以外の自分の歯と同じように歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。
いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療費が気になるのは当然です。
この治療の費用は歯科医院や歯科医によって大きく異なります。
何しろ、ほとんどが自由診療なので、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。
インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが相場です。
どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。
この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医がどのような技量を持っているかで決定的な違いが出てくると考えられます。
インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法なのは明らかで、歯科医選びに全力を尽くすことがインプラント治療の結果を左右するのです。チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨と一体化して安定した歯根となりやすく身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。
インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで本格的な治療がスタートするので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。
治療が終わったところで、重要なメンテナンスを欠かさず継続することで安全性や快適性は長期にわたって確保されます。
これはインプラント治療が最適、とされるのは他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないという患者の希望がある場合です。例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯だけを根元から再生する治療になります。周辺の歯に影響を与えたくないという要望がある場合、インプラント治療を優先して良いでしょう。他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。
他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば普通は再手術しか手段はなく、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。
インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を損傷する危険性もあります。
費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。実際のところ長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって本物の歯に匹敵する耐久性があるというのが多くの意見です。そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期間の使用も問題ありませんが、セルフケアの手を緩めると取り返しのつかない事態が起こってしまうと考えなければなりません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ