成功すれば満足感が大きいインプラント治療

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、それと裏腹のデメリットもあります。
第一に、費用は他の歯科治療より高額です。
高くついた場合、数十万円にもなることも覚悟してください。
そして、治療にミスや失敗があるとかなり深刻な問題が起こることもあるという重大な問題もあります。
ごくまれなことですが、患者の死亡例も実際にあります。安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。
他の治療が難しい患者さんが受ける治療です。
クラウンやブリッジの支えになる歯がない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を選ぶしかない患者さんが多くを占めます。インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、噛み心地は自分の歯に近く食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。
インプラント治療による危険性を皆さん、入念に調べたと思います。
問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという問題はありませんでしたか。
でも、気にしなくて良いです。MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。
金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。
インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので金属といっても磁気には反応せず、そのため、MRI検査は問題なくできます。
インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗のリスクをゼロにすることはできません。
インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体に関わる問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目の問題が起きる可能性もあります。
リスクをできるだけ減らすためには歯科医はともかく慎重に決めてください。
どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、治療費を確保してから始めなければなりません。
保険適用の可能性もゼロではありませんが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。自費診療として始めるしかないのがどうしても高額になってしまう原因です。インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、難しいケースではその数倍の出費もあることを肝に銘じておかなければなりません。
インプラント 値段

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ