「インプラントの知っておくべき話」の記事一覧

抜歯のときもほとんど鈍痛に感じる

上の親知らずは下に比べて、麻酔の効能が高いため、抜歯のときもほとんど鈍痛に感じるといった事例が少なく、痛さを感じやすい方であっても、手術は造作なくできます。 インプラントというのは、異物感なく、食事で... 続きを読む

インプラント治療のほとんどが全部自費治療

インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、高額の負担が重くのしかかる方も決して少なくありません。 それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどの名前をつけて信販会社のローンで... 続きを読む

成功すれば満足感が大きいインプラント治療

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、それと裏腹のデメリットもあります。 第一に、費用は他の歯科治療より高額です。 高くついた場合、数十万円にもなることも覚悟してください。 そして、治療にミ... 続きを読む

入れ歯の装着に違和感があるという

入れ歯の装着に違和感があるという方、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にインプラントは最適です。あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、人工歯をつけるため、ほぼ全て自費診療に... 続きを読む

インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯

インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯の危険性は全くありませんが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。 インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病を予防するために、... 続きを読む

現状では、インプラント治療のほ

現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の負担が重くのしかかる方も多いのが当然です。 それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどの名称で信販会社のローンで支払いがで... 続きを読む

手術によってインプラントを埋め込んだ後は痛みが

手術によってインプラントを埋め込んだ後は痛みが落ち着くまでは、安静に生活を送ってください。日常生活でも歯に負担がかからないようにして、負荷がかかる身体運動は避けた方が良いです。 傷口に負担がかかり、ふ... 続きを読む

入れ歯では噛んだ感じがしない方や、または単純に入れ歯は

入れ歯では噛んだ感じがしない方や、または単純に入れ歯は嫌という方には適用されるのがインプラント治療です。 あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、セラミックなどでできた人工歯をかぶせ... 続きを読む

インプラントの医療費控除埋入手

インプラントの医療費控除埋入手術では局所麻酔を使います。 入院することはめったにありません。血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は安全を期すため、入院を求められることもあります。また、インプラ... 続きを読む

厳しい条件をクリアしない限り

厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、しかし、医療費控除の対象ではあります。 医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に収入から医療費を控除され... 続きを読む

サブコンテンツ

このページの先頭へ