どうやらムダ毛処理の事前事後が本気出してきた

一たび脱毛の効果に目覚めると、違うパーツの脱毛もしたくなるという噂はある程度知っていました。自分にはまだだいぶ先の話だろうと無関係を装っていたのですが、その時は思いのほか早く訪れました。もともと人よりも剛毛であることにコンプレックスを持っていた私の興味は、もはや次の脱毛プランに向かっています。デリケートゾーンの脱毛の施術範囲は、各社で若干の違いがありますが、これは単に分類の仕方の違いであって、トータルで考えた場合、どこもそんなには変わらないのが現実です。単なる脱毛範囲の名称の違いは気にするほどのレベルではないと言っても過言ではありません。陰毛の形をおしゃれに見せるためのポイントは、一目で分かるようなギャップをなくすことだそうです。そのため最初は全剃りして全体的に毛の量を少なくしていくのが一般的らしいです。確かに処理跡が分かってしまうととっても残念ですからね。両ワキとVラインの脱毛をプロのエステティシャンにお願いするようになってから、それまでは荒れ放題だった私のワキの下の荒れた肌質も相当なレベルでいい状態をキープすることができています。今では肌荒れの原因だった剃刀はほとんど使わなくなり、施術前の自己処理はただただ電気シェーバーを愛用しています。これも、お肌にも気を配ってくれるプロのエステティシャンの方のアドバイスの結果です。そこで気になるのがVIO脱毛をどこでしてもらうかなんですが、メジャーどころで言えば「ミュゼプラチナム」「エピレ」「ピュウベッロ」などが有力のようです。回数・料金・その他の特徴など、デリケートゾーンの脱毛をするうえで情報を提供してくれたサイトを紹介します。最近の脱毛サロンでは、どこでもVIO脱毛を施術しているようですが、数年前までは必ずしもどこででもやってもらえたワケではなかったようです。大切な部分だけに、それだけ高い技術力が求められていたことがその理由のようです。技術の発達ってあっという間ですね。そうなるとデリケートゾーン全てをまとめて施術してもらえるVIO脱毛しかありません。デリケートゾーンの毛って今まではあるのが当たり前だと思っていましたが、なくした方が実はいいらしいということも初めて知りました。なんてったって生理の時にとっても楽になるし、ニオイやムレを気にすることがなくなるそうです。ヨーロッパの富裕層の間では無毛にしてツルツルにするのが常識という話も聞きました。VIO脱毛はハイジニーナ脱毛ともいうそうで、実はハイジニーナとは「衛生」という言葉からきているらしいです。ハイジニーナ脱毛は衛生的な生活を送るための脱毛であることがよく分かる豆知識です。陰毛の脱毛をする時に気になることのひとつが、完了後のVゾーンの形です。大半の脱毛サロンでは陰毛全体の大きさや形状を好みに合わせてオーダーすることができます。一番多い要望は、面積は小さくして形は逆三角形らしいです。私の次の脱毛プランの候補に挙がったのはVIO(ハイジニーナ)脱毛です。局所的なVラインだけは両ワキと一緒にケアしてもらっていますが、Vラインは足の付け根に沿った部分だけで、アンダーヘアのほんの一部分にすぎません。もっと全体的に毛が生えている部分を狭くしたいし、もっと薄くしたいんです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ